garage_sanyuをフォローしましょうfollow me

ホーム > 車種別修理事例 > PORSCHE修理事例 > ポルシェ 996GT-3 鈑金(板金) 塗装 修理

ポルシェ 996GT-3 鈑金(板金) 塗装 修理

修理概況

神奈川県横浜市にお住まいのお客様です。

フロントバンパーの左カドを擦ってしまったため、塗装をしてほしいとのご依頼でした。

バンパー自体は変形も少なくまた割れもなかった事と、今回は保険修理ではなく自費修理での作業でしたので交換はせずに修理で作業を進めました。


※修理期間中に当社の無料代車のご必要はありませんでした。


入庫写真

入庫写真

損傷写真

損傷写真

修理工程 概要

分解 分解写真
まず今回修理をするFバンパーを外します。
このタイプのポルシェはヘットライトを外してからバンパーを外します。
鈑金(板金) 板金(鈑金)写真
今回のキズの修理部以外にも全体的にとても細かい飛石キズがあった為、フロントバンパーを1本丸ごとサフェーサー(塗装の下地となる塗料のこと。塗料の発色をよくしたり、しっかりと定着させる効果がある)で処理をしました。
塗装 塗装写真
フロントバンパーと隣接するパネルに色の差が出ないよう念入りに調色(色合わせ)をします。
ポルシェはフロントバンパーとフロントフードが同じ面にあり、少しでも色の違いがあるととても目立ってしまう車両である為、特に細心の注意をはらってペイントしていきます。
完成 しっかりと塗装ブースで焼き付け(塗装のあとに、加熱炉に入れて乾燥硬化させる事)をした後、ミガキ作業をし分解した箇所を組み付け完成します。
またこの車両は、ガラス系コーティングが施工してありましたので、今回ペイントしたフロントバンパーにも再度施工をしました。
詳しくは仕上がりへのこだわりについてを御覧下さい。
ページの先頭へ
ガレージ三友へのお問い合わせは
お電話でも受付けています。平日9:30〜18:00 厚木工場 tel:046-226-6780 綾瀬工場 tel:0467-77-1731