garage_sanyuをフォローしましょうfollow me

ホーム > 車種別修理事例 > BENZ修理事例 > ベンツ A170(Aクラス)② 鈑金(板金) 塗装 修理

ベンツ A170(Aクラス)② 鈑金(板金) 塗装 修理

修理概況

神奈川県相模原市にお住まいのお客様です。

こちらのお客様は以前ご依頼を頂き、その時の仕上がりにご満足頂き2回目のご依頼となりました。

今回は低い障害物に左側の前から後ろまで擦ってしまいました。

左フロントフェンダー・フロントドア・リアドア・リアフェンダーは鈑金(板金)で修理が可能でしたが、リアバンパーは切れてしまっていた為交換になりました。

今回は車両保険を使っての修理になりましたが、代車特約が付いていなかった為当社で無料代車をご用意させて頂きました。



入庫写真

入庫写真

損傷写真

損傷写真

修理工程 概要

分解・鈑金(板金) 分解写真
事故による損傷以外に、キズやヘコミがないか入念にチェックをしながら作業に取り掛かります。
まず周辺の部品を外していき損傷箇所を目の粗いペーパーで研ぎます。
この作業が不十分だと後に付けるパテが密着せずに割れてしまうので丁寧に行います。
次にパテを付け十分に乾燥(乾燥が不十分だとパテの跡が出てきてしまう為)させた後、再度ペーパーで研ぎながら面やラインを元の形に復元していきます。
下地処理 板金(鈑金)写真
パテで復元した箇所を保護する為にサフェーサー(塗装の下地となる塗料のこと。塗料の発色をよくしたり、しっかりと定着させる効果がある)を塗り乾燥させます。
そして今度は細かいペーパーを使いサフェーサーの部分とパネル全体を丁寧に研いでいきます。
塗装をしない箇所は塗装の際にミストが入ってしまったり、ゴミなどが出てこないように隙間なくテープや保護シートを使いしっかりとマスキングを施します。
塗装面の油分を専用のクリーナーを用いて脱脂作業を行い塗装作業へ移ります。
塗装 塗装写真
修理部分がしっかりと染まるように塗っては乾かしての作業を違和感が無くなるまで数回に分けて行います。
次にツヤと深みを出す為にパネル全体にクリヤーを塗布し乾燥させます。
塗装は、1台1台異なる肌や作業範囲、季節による気温の変化や天候によっても塗り上がりが変わってきてしまうので、塗料などの配合や割合を変えて作業します。
※カラーネーム【エレガンス・ホワイト】
完成 完成写真
ビスや配線などの取り付けミスが無いように入念にチェックをしながら組み上げていき仕上げへと移ります。
このお車はコーティングを施工されていたので(保証期間内)修理した箇所にガラス系コーティングを再度施工し、違和感が出ないようにボディー全体を磨いて完成です。
お車を引き渡す際、綺麗になった車を見て今回も大変喜んで頂きました。
詳しくは仕上がりへのこだわりについてを御覧下さい。
ページの先頭へ
ガレージ三友へのお問い合わせは
お電話でも受付けています。平日9:30〜18:00 厚木工場 tel:046-226-6780 綾瀬工場 tel:0467-77-1731