garage_sanyuをフォローしましょうfollow me

ホーム > 車種別修理事例 > 輸入車 > クライスラー PTクルーザー 鈑金(板金) 塗装 修理

クライスラー PTクルーザー 鈑金(板金) 塗装 修理

修理概況

神奈川県綾瀬市にお住まいのお客様です。

車は左リアコーナー部をかなり激しく損傷されており、リアバンパー・テールレンズ・左リアフェンダーの交換(リアフェンダーは損傷がひどく、鈑金での修理だと雨漏れの恐れがある為)をお客様にご説明しご理解を頂いた上でお預かりすることになりました。

今回は車両保険を使用しての修理になります。

※代車特約が付いていなかったため修理期間中は当社の無料代車をご用意させて頂きました。


入庫写真

入庫写真

損傷写真

損傷写真

修理工程 概要

分解 分解写真
リアフェンダーを交換する作業に当たり周辺の付属部品を外していきます。
パネル同士を溶接機を使い繋ぎ合わせる為、溶接の火の粉などが飛んで周りを焦がしたりしないようしっかりと養生をして作業に取り掛かっていきます。
交換 板金(鈑金)写真
リアフェンダーを交換する際は、規定の場所やパネルにストレスの掛かりにくい所でカットをしてきちんと仮合わせを行い隣接するパネルとのバランスをしっかりと取りながら位置を決めて溶接にて繋いでいきます。
この時あまり急激に溶接してしまうと熱によってパネルが歪んでしまう恐れがあるので慎重に作業を行います。
溶接した結合部分はパテを使って形を整えながら復元します。
塗装 塗装写真
パテで形を復元した所にサフェーサー(塗装の下地となる塗料のこと。塗料の発色をよくしたり、しっかりと定着させる効果がある)で保護をして塗料をしっかりと密着させるためにペーパーを使って隅々まで丁寧に研いでいきます。
次に周辺に色が飛び散らないようにしっかりとマスキングをし、塗装する部分の油分を専用のクリーナーなどを使って丁寧に脱脂をしてから塗装に入ります。
リアフェンダーは丸みを帯びた形をしているので塗りムラなどが無いように注意をしながら細かい部分までしっかりと塗装していきます。
※カラーネーム【ブリリアントブラッククリスタル】
完成 完成写真
作業範囲が広い為、外した部品やネジの数がとても多いので慎重に取付を行いその後良く確認をしながら増し締めをしていきます。
次にシャワーを使って十分に時間をかけて雨漏れの点検を行った後に機能点検をして仕上げに移ります。
濃色車は特に薄いキズでも目立ってしまうので仕上げの工程を増やして丁寧に磨き上げます。
最後に洗車キズなどにも注意をしながらボディを洗い流して完成です。
詳しくは仕上がりへのこだわりについてを御覧下さい。
ページの先頭へ
ガレージ三友へのお問い合わせは
お電話でも受付けています。平日9:30〜18:00 厚木工場 tel:046-226-6780 綾瀬工場 tel:0467-77-1731