garage_sanyuをフォローしましょうfollow me

ホーム > ガレージ三友の自動車修理対応ブログ > ドア修理についてのお問い合わせ

ドア修理についてのお問い合わせ

先日インターネットでガレージ三友を知っていただいたお客様よりTELにてこのようなお問い合わせをいただきました。

『広島の実家に置いてある車を陸送業社を使って運ぶので受け入れしていただけますか?車両はメルセデスベンツのE280なのですが、左のリアドアが凹んでしまっているのでそのまま修理してもらいたいと思っています。』というお客さまからのお問合せでした。

詳しくお話を聞いてみると、お客様は横浜にお住まいの方で実家が広島県にあり、そこで使っているお車を知人の方に譲ることになったので、左リアドアの大きく凹んでいる箇所をもう少しきれいな状態にしてお譲りしたいというお客様のご意向でしたので、陸送業社様から車両の受け入れをしてお見積りを出させていただくことになりました。

今回は保険使用ではなく自費での修理になります。

運ばれてきた車両の損傷状態を確認したところ、お客様のお話から想像していた状態より損傷が大きく、左リアドアは交換が必要なレベルの損傷で、そのほかに左フロントドアと左リアフェンダーにも損傷がありました。

お客様に損傷状態をお伝えし、新品パーツを使用して修理する方法と中古パーツを使用して修理する方法の二通りをご提案して、各修理方法のメリットとデメリットをご説明させていただきました。

まず新品パーツを使用して修理する方法は、パーツがすぐに入手できるのでそれほど修理期間がかからないことがメリットですが、ドア交換ほどの作業になるとドア自体の金額が高いうえに付随パーツが必要になりとても費用がかかってしまうのがデメリットになります。

そして中古パーツを使用して修理する方法は、パーツ自体の値段が新品と比べるととても安く、必要な付随パーツがほとんど付いてくるので費用が抑えられるのがメリットですが、パーツを探すのに時間がかかってしまい、もしかしたら見つからない可能性もありますし、パーツ自体のクオリティーの良悪しがわからないのがデメリットです。

このようなご説明をした上でご検討していただいた結果、期間を決めて中古パーツを探して見つからない場合は新品パーツを使用して修理することに決定しました。

早速中古パーツを探し始めたところ、すぐに状態の良さそうな左のリアドアが見付かり、幸運にもそのほかの必要パーツもほぼすべて中古パーツで見つける事ができたのでお客様にご報告したところ大変喜んでいただきました。

【詳しい作業内容は修理事例をご覧ください】

ガレージ三友では、常にお客様のご希望やご要望に最適なご提案をさせて頂けるように心がけております。

お車に関することでしたらどんなことでも構いませんのでご遠慮なくお問い合わせください。

ページの先頭へ
ガレージ三友へのお問い合わせは
お電話でも受付けています。平日9:30〜18:00 厚木工場 tel:046-226-6780 綾瀬工場 tel:0467-77-1731